自己破産の相談手続き|費用無料で弁護士に相談

MENU

自己破産の相談は専門の弁護士に無料出来ますし、手続き方法も教えてくれます

 

自己破産の相談方法

債務整理をする時の最後の手段としてよく選ばれるということが自己破産という方法です。
すべての借金を完全にないものとできるのが自己破産ということになりますが、実のところどんな手続き踏む必要があるのでしょうか?
自己破産の相談するための方法とともに詳しい点を解説していきます。

 

自己破産とはなにか

 

自己破産、相談、手続き

自己破産とはだいたいにしてどういったことを言うのでしょうか。

 

自己破産は、多くの借金を抱えた人があまりにも借金が増えたため経済的に破綻の状況に陥ったときに利用することのできる国民の権利として国により整えられた手続き制度です。

 

債務者が将来的にいくら努力を傾けても支払いすることが不可能と裁判所に判断されたとき、免責不許可事由がないとみなされるケースに起こせる制度が自己破産で、今後債務者の生活における最低必要と思われるものだけは除いてあとはすべて換価する手続きをとります。

 

それからクレジット会社・銀行・キャッシング会社などの各々の債権者に対して債権の割合に応じた配当をおこなう代わりに、それを以ても支払うことができない債務の返済については一切の義務を負わないという仕組みになっているのです。

 

申立書を裁判所に提出することによって自己破産手続きを開始しますが、自己破産の後は借入金や債務がないものとみなされるので、支払う術がなくなってしまった債務者の最後の手段としてよく利用されています。

 

自己破産についての申し立ては債権者が起こすことも可能ですが、返済のめどの立たない債務者が自分から裁判所に申し立てを行って受理されて破産する場合のことを「自己破産」するといっています。

 

自己破産すれば、自分の生活を継続していくために最低限の自由財産を残すことはできますがそれ以上については自分の手元には残せず金額的に価値のある財産は債権者に渡ることになります。
現金としてなら99万円、預金なら20万を超える財産は国から没収されることになりますから注意してくださいね。

 

債務整理の相談をする場合 

債務を整理するためには自己破産するという選択の他に特定調停、個人再生、任意整理といった手段があります。それぞれ特色があり、最終的にどれ程の額を返済することになるのか利点とそうでない点も大きく異なります。

 

自己破産、相談、手続き

「自分にできる方法はもう自己破産しかない」と行き詰まっている人も、実状を整理してみるとそこまでしなくてももっと良い解決策がえられることが多いようです。
ちなみに専門家によると、自己破産しようかと悩んでいる人のうち7〜8割がそうする必要がない状況だと思われるという事実が統計からわかります。

 

それで決定する前にちゃんと法律についての知識を持っている人に、今自分が陥っている状態を細かに説明して指南をしてもらうのが、一番無難な方法です。自己破産すべきかどうか相談の時はやはり弁護士にしましょう。

 

弁護士に相談すれば、自分に今必要なのが自己破産であるのかそれとも他の債務整理を選ぶべきか明らかになります。
仮に自己破産を選んだとしても、その自己破産手続きにおける指導や長所・短所の説明などもちゃんとしてくれます。 

 

まず弁護士に相談するところからはじめよう

 

自己破産の相談は、最近ではネットからも行うことができます。

 

自己破産、相談、手続き

契約してきちんと自己破産手続に取りかかることになると依頼という扱いになり費用が発生することになりますがそこへ至るまでの相談は無料でできるところがほとんどです。
ネットを使用してメールとか専用のフォームを使って気になることを詳細に書いて弁護士へ送れば、実際に事細かに相談することができるでしょう。
利用してみれば自己破産だけでなく最も良い解決策を提案してくれるでしょう。
 
体験談;自己破産〜友人のお父さんのケース
              自己破産の相談手続き
口コミ;自己破産相談に親切な弁護士

 

自己破産の簡単手続き方法

自己破産の手続きについて 

できれば決して自分と関わることのない遠いところいてほしい、自己破産。

 

自己破産、相談、手続き

しかし人生何が起きても不思議ではありません。
事業の失敗で支払い不能になったり、何らかの損害賠償が発生して、やむを得ず自己破産を余儀なくされることがあり得ると考える必要があるでしょう。
そのような事態にたたされた時のため、自己破産に関連するある程度知って備えておくのは決して悪いことではないはずです。

 

自己破産とはどんなことをいうのか

 

自己破産というのはいったいどのような状態を指すのでしょうか。

 

自己破産というのは、債務者の借金があまりもにふくらんで経済的破綻に至ったとき、または債務者がこれ以降どれだけ努力しても支払いは不可能であると裁判所により判断された場合、免責不許可事由にあたらない場合に申し立てできる手続きのことです。

 

債務者が生活していくための最低限必要な自由財産にあたるものを残して、その他はすべて全部換価します。
それからそれぞれの債権者(クレジット会社・銀行・キャッシング会社)にその債権額に応じた配当することで弁済とし、それを以てしても支払えない債務については免れることができるという仕組みです。

 

裁判により免責のための必要な手続きがなされ、自己破産後はすべての借入や借金についてがもうないとみなされます。
破産の申請は財産を全部出させるため債権者側から起こすこともありますが、債務者が自分自身で手続きをし裁判所に申し立てをして受理されて破産する場合を「自己破産」すると呼んでいます。

 

自己破産をすると生活するための最低限の必要とする現金や家財道具しか手元に残すことは許されずその他は処分しなければなりません。よって任意整理、再生手続など他の債務整理手続きと比較すると「最終手段」という形で選ばれる場合があるのが自己破産手続きの特色です。

 

自己破産の流れ

抱えた借金を100%なくすためには、「破産手続開始決定」「免責許可の決定」というステップを踏むことが必要となります。
裁判所により支払い不能であると判断を受けたとしても債務の支払いはそのまま残っています。債務超過に至っており支払いは不可能であると裁判所に認めてもらった後、さらに「免責許可の決定」についても受けて確定させることが必要になります。
免責許可を受けることではじめて、残った債務については支払い義務が免責してもらい借金が100%なくなります。
とはいっても税金・国民保険・公共料金などの非免責債権については免除されないので十分に注意が必要です。従来までの破産法では破産手続と免責手続は個別に申請もさらに行うことが必要でしたが、新たな新破産法の制定で全く別の手続きが同時に進められるようになりました。

 

ですので一度破産手続開始を申し立てれば、別個の手続きですが同時並行的に免責許可のみなし申し立てとされ、その手続きも行うことが可能になりました。
できるだけ手続きの簡素化・迅速化をすることが近頃では図られているということの表れとなっています。

 

一度弁護士に相談

自分だけでは手始めにどうすればよいかわからない・・・

 

自己破産、相談、手続き

そういう方は、一度弁護士を頼って訪ねて相談してみれば早く解決できるでしょう。
この先の返済の見通しは少しでも持てるのか、ないならどのような手続きを踏んで解決すればよいのか、弁護士がちゃんと親身になってどうするのがよいか相談に乗ってくれます。

 

実質的な手続きに入る前の債務整理・過払い金の相談だけの段階なら料金を取らないで相談に乗ってくれています。
このサイトではWEB上でごく気軽に匿名で申込が可能なおすすめの弁護士事務所を取り上げて紹介していますので、迷っているより一度相談することをお勧めします。

 

自己破産後の生活について

 

では、自己破産についてよく理解していただけたところで、実際に自己破産したらどうなるのでしょうか?

 

自己破産したら、制限もあり、無一文になるということはなさそうだけど、今後生活をちゃんとしていけるのか不安になりますよね。そんな不安を解消するために、自己破産したら、その後の生活がどうなるのかを解説していきます。

 

自己破産後の引っ越しはしないといけないの?

 

自己破産後の引っ越しはしないといけないの?

自己破産すると、マイホームではなく、アパート暮らしである人も強制的に退去させられるイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか?

 

実はアパート暮らしであれば、わざわざ退去する必要はありません。引っ越しする必要はありません。

 

大家さんや、そのアパートを管理している不動産会社が自己破産をしたということがわざわざ知らされることはありませんし、報告する必要はありません。

 

しっかりと家賃を滞納せずに支払っているのであれば、何の問題もありません。仮に大家さんや管理している不動産会社に自己破産した事実を知られてしまった場合でも自己破産を理由に賃貸借契約の解除をすることは出来ませんので退去する必要は一切ありません。

 

しかし、自己破産をしてしまう人の場合は借金地獄に苦しんでいる人がほとんどであり、生活が苦しく、アパートの家賃を支払いもやっと、できていないという人も多いです。このような場合は、自己破産とは関係なく、契約解除を迫られて結果的に住んでいる部屋を退去させられるというケースもよくあります。

 

自己破産を考えているのであれば、

 

借金の返済よりも、今住んでいるアパートの家賃の支払いを優先させた方が賢明です。また、自己破産後にマイホームを追い出され、新たにアパートの部屋を借りようとしても、最近では、保証会社を条件とする賃貸物件も増えており、保証会社の調査によって個人情報信用機関に登録されていることが判明して賃貸物件を借りることが難しくなる事もあるので、注意しましょう。

 

ただし、一般の不動産会社が行っている入居審査などでは個人信用情報機関などに個人情報の調査をすることはほぼありませんので、マイホームを追い出されても、住むところがなくなってしまうということはありません。

 

ただ、家賃をクレジット決済するような物件については例外もあるので注意しましょう。基本的には、自己破産をしてしまうと、住むところがなくなってしまうという心配は不要です。

 

仕事はどうなるの??

 

仕事はどうなるの??

基本的には、自己破産しても、その後に借金をした金融業者から取り立ての連絡が勤め先の会社にいくことはありません。

 

ただ、自己破産後に給料が差し押さえされると、自己破産したことが会社にばれてしまうことがあります。

 

会社にバレたくないのであれば、法律の専門家である弁護士に、自己破産依頼をしましょう。

 

弁護士に依頼をした場合、直ちに全債権者に受任通知書を送りますが、その通知が届いた以降は債権者が債務者本人に直接請求をすることは禁止されていますので、会社にばれることもまずありません。

 

自己破産をしても、会社をやめる必要はありません。

 

自己破産をしても戸籍や住民票に掲載されることはありませんので、通常であれば会社にばれることはありません。もし、自己破産をしたことが会社に知られてしまっても破産を理由に会社をクビにすることはできませんし、辞める必要も一切ありません。

 

しかし、自己破産が会社に知られてしまい、居づらくなって退職してしまうケースがあるのも事実です。ですから、自己破産をする前になるべくばれないように事前に法律の専門家である弁護士を頼ることが、自己破産後も仕事を続けるためにも重要といえます。

 

バレなければ、居づらいということもなく、今まで通りに仕事を続けることが一般的なサラリーマンであれば可能です。また、給料を差し押さええられることがありますが、全額が取られるわけではありません。

 

民事執行法では差押禁止債権として給料・賃金などを規定しており、これらの債権については1/4までしか差押えを認めていません。よって、残りの3/4については差押えをすることはできません。
なお、民事執行法では、標準的な世帯の必要生計費を勘案して政令で金額(33万円)を定めているので、それ以下は1/4しか差押えられないように定めています。

 

よって、債務者がそれ以上の給与を得ているのであれば、それ以上の分については全額差押えることができます。手元に残る給料は減りますが、3/4は手元に残りますので、給料が全額差し押さえられて、生活できなくなったしまうという心配はありません。

 

また、自営業者の方でも、

 

自分のお店がなくなってしまい、その給料はなくなりますが、正社員に応募できなくなるという心配はなく、普通の仕事に再就職して、給料を得て生活することができます。ただし、信頼の仕事は、法律に関する仕事など、つけないことがありますので注意しましょう。

 

自己破産しても、仕事につけなくて、給料もすべて没収されて生きていけなくなるということはありません。また、今、勤めている会社での退職金はどうなるか心配な方もいるかと思います。通常、退職金に関しては、将来もらえるであろう見込み額の4分の1〜8分の1程度の金額を債権者の配当にまわすように指示されます。

 

もちろんこの場合でも、実際に会社を辞める必要はありません。また、裁判所から指示されたお金を借金した人が用意することは極めて困難ですので、実際のところは、裁判所に一定の猶予期間をもらってその間に用意することになります。

 

退職金に関しては、裁判所によってその支払いをどうするか判断が異なります。その点については、法律の専門家である弁護士としっかりと相談しておく必要があります。

 

自己破産後の結婚について

 

自己破産後の結婚について

自己破産をしても住民票にも戸籍にも載りませんので、結婚相手はもちろん、その家族にバレてしまうことは身辺調査を詳細にされない限りほとんどでありません。

 

そのため、自己破産しても、結婚できない、ということはありません。

 

ですが、結婚生活をしていくうえで、自己破産に陥ったような自堕落な生活を送っていたり、金銭感覚が自己破産した後も改善されていないようであれば、再び、自己破産をしてしまうような多額な借金をしているようであれば、自己破産とは関係なく、結婚には悪影響は当然あります。

 

自己破産後に金銭感覚をしっかりとして、お金の管理ができていれば、結婚した後も問題なく生活をすることは可能です。

 

ですが、自己破産が絶対にバレないということはありません。

 

結婚生活は長いですから、いつ自己破産したかによってブラックリストから外れるかは異なりますが、住宅を購入するときに、住宅ローンが組めない、クレジットカードが申し込めないとなると、結婚相手はもちろん、疑問に思います。

 

相手の名前でローンを組むのであれば、一般的な審査に通れば問題ないでしょうが、多くの場合でその時収入を得ている方、共働きであれば夫名義でローンを組むのが一般的ですから、そのときにバレてしまいます。ですから、最初はばれないとしても、はじめから打ち明けておいた方がいいでしょう。

 

自己破産後に、その後の生活をしっかりとしているのであれば、結婚も問題ないですが、自己破産したことを隠すことで、結婚相手に不信感をもたれ、離婚につながるケースも、もちろんあります。
自己破産には、いいイメージはひとつもありません。

 

たいていは、自己破産イコールお金の管理ができない、ダメなギャンブル好きのイメージがあります。そのため結婚相手のご両親にはいい印象はないですし、結婚を反対されることが多いです。
そのときに、自堕落な自分であれば当然反対されても仕方ないでしょう。

 

ですが、自己破産後に、生活を改めて、しっかりと仕事をしているのであれば、恥じることはありません。結婚にたいして、自己破産したからといって絶対にできないということはありません。自己破産しても結婚することはできます。

 

ですが、気持ち的なハードルがあります。それをすべて受け入れてくれる人とお付き合いをし、打ち明けられるような人と結婚しましょう。

 

自己破産後に安心な生活を送るために

 

自己破産後に安心な生活を送るために

自己破産後に安心な生活を送るために何よりも大切なことがあります。それは、自己破産専門の弁護士に相談するということです。

 

特にサラリーマンのかたは今の仕事を何事もなかったかのように続けるためにも、自己破産したことが周囲にバレないようにするためにも、

 

法律の専門家である弁護士に特に、自己破産が専門の弁護士に依頼しましょう。そうすることで、仕事に困って生きていけなくなるということはありません。また、自己破産しても、給料すべてを没収されてしまうわけではありません。生活をしていくだけのお金は、手元に残ります。

 

また、自己破産の7年がすぎ、しっかりと仕事をしていれば、マイカーローンも組むことができ、クレジットカードの審査も通ることが可能になります。自己破産後に生活を改めれば、借金地獄に悩まされて辛い思いをして生きるよりもよっぽどいい人生を送ることができます。

 

心のハードルはありますが、結婚も仕事も出来ます。住むところに困ることもほとんどありません。借金に悩んでいたときよりも、よっぽどい暮らしができます。

 

ぜひ、借金に悩んでいるなら、自己破産という選択肢も含めて、最善の方法を、自己破産を専門としている弁護士に相談し、最善の選択を教えてもらいましょう。