自己破産をしない方法

MENU

自己破産をしない(逃れる)方法 弁護士に相談しましょう

 

自己破産をしない方法

自己破産という借金解決方法は、あくまでも最後の手段として取っておきましょう。

 

債務整理は借金を大きく減らせる方法ほど、デメリットも多いと考えていいです。

 

自己破産の場合だと、官報に掲載される、連帯保証人に迷惑がかかる、家や土地などの財産を失う、担保付きのローンを整理すると担保を失う、などのデメリットがあります。

 

ブラックリストに登録される点については、どの債務整理にも共通することです。現在、無職・無収入で借金返済のあてがない方は破産するしかないでしょうが、定期的な収入がある方は弁護士と相談して他の方法も検討してみましょう。

 

自己破産以外の方法としては、

 

個人再生、任意整理、過払い金請求などがあります。個人再生は家を守れるというメリットがありますが、任意整理や破産と比べて選択する方は少ないです。選択される方は破産と比較して10分の1程度であり、個人再生をするなら破産を選ぼうという方が目立ちます。

 

破産をして家を失うことは大きいでしょうが、賃貸を利用することはできるのです。個人再生は借金を5分の1程度に圧縮できますが、安定収入がないと選ぶことはできません。圧縮後の借金は原則として3年、最長でも5年で完済する必要があるからです。

 

また破産と同様に整理するローンを選択することはできず、全ローンが整理対象となります。そのため連帯保証人に迷惑がかかってしまう点は破産と同じなのです。担保付きローンも影響を受けますから、例えばキャッシングやカードローンに関しては問題ありませんが、自動車ローンなら金融機関名義の自動車を手放さなくてはいけません。

 

任意整理は利息をゼロにして元金だけ支払っていく方法になります。

 

利息カット後の借金は、個人再生と同様に原則として3年、最長5年で完済をしていきます。個人再生と混同されがちな方法ですが、最大の違いは整理対象を自由に選択できることです。例えば、連帯保証人や担保付きのローンを除外して整理することもできるのです。

 

弁護士報酬も整理対象だけとなり、相場は1件あたり3〜5万円です。消費者金融5社から借りていた場合の相場で、15〜25万円くらいとなります。報酬の支払いは分割に対応してくれることが多いので、法律事務所のWEBサイトで確認しておきましょう。借金問題をメインに活動している法律事務所なら、分割に対応してくれるはずです。

 

キャッシングやカードローンの利用者は、消費者金融から借りている方が多いです。これらのローンは段階的に限度額が増額されるので、利用年数が長くなるほど借金も膨らみやすくなります。利息が大きいローンなので、借入総額が100万円にもなると返済は厳しくなってきます。

 

今は実質年率が下がっており、上限利率は20.0%となっています。グレーゾーン時代に借りていた方なら、過払い金請求の対象になるかもしれません。過去に20.0%超の金利で借りていた方は、過払いの対象になると考えていいでしょう。

 

グレーゾーンとは

 

グレーゾーンとは

20.1%〜29.2%の金利帯のことであり、この範囲内で借入していた方は利息を払いすぎています。

 

貸金業者は過払い金について触れてこないので、自分には発生していないと考えている方は多いですが、業者から教えてくれるはずがありません。

 

最終契約から10年で過払い金は時効になるので、貸金業者は何とか時効に持ち込もうとしています。自分からアクションを起こさないと1円も戻ってこないので、まずは弁護士に相談してみましょう。グレーゾーン金利で借りていた方は、平均して100万円以上を回収しています。

 

法律事務所の技量によって回収額は異なってくるので、WEBサイトで平均回収額をチェックしておきましょう。150万円以上を回収している事務所なら、有能であると判断できます。借金をゼロにする債務整理は自己破産しかありませんが、過払い金でゼロにされる方も少なくないのです。

 

過払い金請求は債務整理に該当しないため、いくら回収をしてもブラックリストに載ることはありません。ただし、過払い金請求をしても借金が残り、その借金を整理するために債務整理をした場合はブラックリストに載ります。

 

まだ少ない段階の借金なら、

 

任意整理や過払い金請求だけで解決できる可能性が高いです。借金は一気に倍増することはなく、少しずつ増えていくものです。返済が厳しいと思った時点で弁護士に相談しておけば、自己破産を逃れられる可能性が高いと言えます。

 

破産が必須になってしまう方を見ると、返済不能になるギリギリまで放置しているケースが多いのです。中には数ヵ月以上延滞をして、一括請求を受けてから焦って弁護士に相談する方もいます。返済できない借金を放置しても、債務は日ごとに多くなるだけです。

 

自己破産を避けるためには、返済が厳しいと感じた時点で弁護士に相談するべきなのです。延滞してから相談される方が多いですが、理想は返済が無理だと自覚したタイミングになります。