自己破産というの解決方法

MENU

自己破産というの解決方法

 

自己破産というの解決方法

自己破産をすると借金問題はすべて解決することが可能です。これは、自己破産の目的が抱えている債務のすべての生理にあるからに他なりません。

 

本来、債務整理という手段は債務者が抱えている借金を減額させたり最初からなかった状態にすることができる手続きであるため、

 

債務整理の中でも強力な手続きを利用すればそれによって借金を強制的に減額させることもできます。そして、債務整理の中でも最も強制力が強い手続きが自己破産という手続きなのです。

 

債務整理は、

 

任意整理、特定調停、民事再生、自己破産という四つの手続きがある法律なのですが、これらの法律の中でも特に強制力が存在する手続きは民事再生と自己破産の二つになっています。

 

破産手続きをすると、債権者は債権者の権利を強制的になかったことにでされるため、法律的な解釈でもこの手続きは債権者不利の手続きとして有名なものになっています。なぜこれほどの強力な手続きが認められているのかというと、日本では憲法が債務者の最低限度の生活を求めているからです。

 

憲法は、日本国民に対して通常の日常生活を過ごすだけの権利を与えていますので、借金によって普通の生活を送ることができなくなっている人は債務整理を利用することによって、普通の生活水準にまで自身の生活を改善することができるようになっています。これは、誰にでも認められている権利であるので覆すことはできません。

 

例えば、強行的な債権者の中には債務整理が通った後でも債務者に対してもと合った債権を履行するように求めてくる可能性もあります。しかし、このようなことをした場合には罪に問われるのは債権者の方であるということを知っておかなくてはいけません。

 

債務整理の中でも破産手続きは最も強制力の強い手続きであると述べましたが、これは裁判所を通して手続きをするからに他なりません。裁判所が関わっている以上は司法からの決定が下されたということを意味しますのでいくら元々債権を持っていた人であっても後からその権利を主張することは絶対にできなくなるのです。

 

実は、

 

実は

債務整理の中でもこのように裁判所を通した手続きが必要になるのは破産手続きに加えて特定調停、民事再生を含めた三つになっています。

 

任意整理はここには含まれませんのでこの点には注意をする必要がありますし、この違いが債権者への態度の違いに繋がっているともいえます。

 

任意整理の効果は、あくまでも債権と債務を履行する人が納得をするまで話し合いをすることによって生じます。もっと具体的に言うと、話し合いをした後にサインをする新しい契約の更改によって発生するのです。

 

任意整理の場合は裁判所が関わりませんので、債権者は債務者に対して引き続き新しい契約に基づいて債務の履行を求めることができます。一方で、破産手続きは裁判所が決定したことなので債権者の主張は一切通らないということです。これは同じ債務整理という法律の中でも全く異なる手続きの仕方なので覚えておかなくてはいけません。

 

これだけ強力な手段なのですから、当然破産手続きをする際にはそれ相応の条件が必要になります。まず、大前提として抱えている借金である債務を免責してもらえるだけのもっともな理由な存在するのか否かが問われます。

 

この免責を求められるだけの理由というのは、例えば日常生活を普通に過ごしていたのにもかかわらず本人の非がないところで借金を返済することができなくなったことや、それに準ずる理由が必要です。

 

一般的には、例えば会社経営を行っていたにもかかわらずその経営が経済的な不況などによって上手くいかずに倒産してしまうケースなどが考えられます。本人は努力していたのに借金を返済することができなくなったときには、大半のケースで破産の申請が通りますのでそれほど小さな枠組みで適用されるわけではありません。

 

具体的な免責の例を知りたいときには、

 

専門の弁護士に相談をして自身が破産手続きの該当者か否かを確認することが大切です。そもそも、破産手続きを筆頭とした債務整理は、弁護士を通して手続きをすることが一般的です。裁判所に対して手続きをするため、事務手数料や裁判所に申請をする費用としてはだいたい30万円程度の費用が相場として必要になることを覚えておきましょう。

 

ただ、弁護士に相談をしてこれほどの費用が請求されたとしても、本当に借金問題に困っている人はこうした破産手続きに関する費用すら支払うことができない人もいます。しかし、借金を抱えて困っている人のために多くの弁護士事務所では分割払いなどを認めた寛容な態度をとっているところが非常に多いです。

 

弁護士も、お金に困って自己破産を考えていることはわかっていますので、その時に全額支払うようなことを求める人は非常に少ないのです。中には費用ができるまで待ってくれる弁護士もいますので、安心して専門の弁護士に相談すると良いでしょう。