自己破産の弁護士費用(料金)

MENU

自己破産の弁護士費用(料金)

 

自己破産の弁護士費用

借金返済ができなくて困っている方は、自分ひとりで悩んでいてはいけません。借金というのは悩んでいるだけでは、1円も減ることはないからです。

 

精神的にも辛くなるだけですし、何より利息と遅延損害金が発生してどんどん債務が増えていきます。

 

居留守を使って逃げ切ろうと考える方もいますが、勤務先に連絡が行く可能性があるのでおすすめできません。延滞して放置すれば、最終的に自宅に一括請求の封書が届くことになります。

 

これが届いてしまうと、すぐさま一括返済をしないと問題は解決できません。もし無理だとしたら、専門家に相談して解決法を探していくしかないでしょう。借金解決の方法と言えば自己破産を挙げる方が多いでしょうが、この方法は最後の手段にするべきものです。

 

まずは任意整理、個人再生、過払い金請求などの方法を検討するべきでしょう。

 

弁護士と相談をして方法を詰めていくので、最初から自己破産という流れにはなりません。自分では破産しかないと思っていても、デメリットを聞かされて任意整理や個人再生に変える方は多いです。

 

自己破産その他債務整理の相談料は無料なので、まずは相談をしてみましょう。相談を躊躇する方の心理には、弁護士に抵抗がある、自力で返済をしたい、などがあります。一般の方が弁護士に相談する機会というのは、一生に一度あるかどうかという低確率でしょう。

 

またテレビドラマの影響により、弁護士は怖い人だと考えているケースも見受けられます。しかし、実際の弁護士は至って普通の人が多く、特に最近は丁寧に対応してくれる弁護士が増えています。

 

弁護士が過剰になりつつある現在では、完全に買い手市場になっているのです。サービス業を認識する法律事務所が増えており、対応は昔より確実によくなっています。専門家の力を借りずに自力返済したいと考えている方も多いでしょうが、完済計画が立たないようであれば相談するべきでしょう。

 

ローンというのは今だけ返済できていても意味がないのです。大切なのは完済することであり、完済できないローンは永久に返済が終わりません。利息の支払いはできても、元金がほとんど減らない状態なら債務整理を検討するべきなのです。

 

今はどうにか返済していても、いずれ債務整理が必要なときがやってきます。例えば、債務整理のタイミングが3年後になれば、今よりも確実に債務は増えているはずです。今なら任意整理で解決できても、将来は個人再生や自己破産が必須になるかもしれません。

 

債務整理の相談料は原則として無料ですが、一部に有料の事務所もあります。

 

有料の場合の相場は、30分5,000円が一般的となります。何度も相談すれば高額になりますが、大抵は1回30分の相談で解決法が決まるでしょう。あとは実際に依頼をするかどうか決定しますが、ほとんどの方は債務整理を選択します。

 

現実的な問題として借金を解決するには、自力返済と債務整理しかありません。債務整理をしないで解決するには、自力返済をするしかないのです。もしこれが可能だとすれば、弁護士に相談しようとは考えないでしょう。

 

相談しようか躊躇しているなら、思い切って相談するべきでしょう。実際に相談した方は、ほぼ全員と言っていいほど相談してよかったと話しているのです。解決方法があることがわかれば、肩の荷が確実に軽くなります。

 

債務整理において注意したいのは、

 

債務整理において注意したいのは

弁護士に相談をするだけでは借金は解決できないことです。相談と依頼は別物であり、実際に依頼することで借金が減額・ゼロになるわけです。

 

取立てを止めるためには、弁護士が債権者に対して受任通知を出す必要があります。

 

これは債務整理に着手したという証明であり、これが業者に届くと取立てが法的にできなくなります。最短即日で取立てが止まるので、厳しい取立てに悩んでいる方はまずは相談してみましょう。

 

自己破産を選択する場合、弁護士報酬は40万円程度になると考えておくといいです。決して安いとは言えないでしょうが、債権者が多くてもこの金額でOKです。報酬の支払いは分割に対応してくれる事務所が多いですし、すぐに取立てから解放されるのは大きなメリットでしょう。何より債権者に対して支払いする必要がないので、家計状況は一気に好転します。

 

家を失うのは辛いでしょうが、借金がゼロになれば賃貸マンションを借りて新たな生活をスタートできます。自己破産を含めた債務整理をすればブラックリストにのりますが、これは大きな問題ではありません。

 

ローンを利用しないで済むように、収入の範囲内で生活設計をすればいいのです。ブラック期間中はローンを組めなくなるので、生活の見直しをするのにベストな期間と言えるでしょう。収支を見直してプラスになるように調整し、毎月少しでもいいので貯金していきましょう。

 

貯金を増やすことで精神的にもゆとりが生まれますし、万が一のときにキャッシングなどのローンに頼らずに済みます。ブラックリストに登録されたことで、健全な生活が身に付いたという方は多いのです。