自己破産の相談|過払い金

MENU

過払い金とは何?確認するには?

 

近頃テレビCMなどで「過払い金」という言葉をよく聞きます。過去に借金をした人にお金が戻ってくる仕組みなのですが、よくわからないというかたも多いかと思います。そこで、借金の過払い金とは何かを詳しく説明いたします。

 

過払い金とは?

 

過払い金とは?

・過払い金とは、消費者金融会社やクレジットローン会社に多く取られすぎてしまった利息のことです。

 

お金を貸すときの利息は「利息制限法」という法律で定められていますが、数年前まではほとんどの貸金業者がこの法律よりも高い金利でお金を貸していました。

 

・貸金業者が守らなければならない法律には、主に「出資法」「利息制限法」の2つがあります。2つの法律は利息の上限が異なっており、利息制限法は100万円以上の借入には15%、10万円以上100万円未満だと18%、10万円未満だと20%までの利息を取ることができます。

 

それに対して出資法だと、一律29.2%の利息を取ることができます。ほとんどの貸金業者は、出資法の定める29.2%の利息を取っていました。利息制限法の上限金利と出資法の間の金利は、「グレーゾーン金利」と呼ばれています。

 

・2010年に貸金業法が施行され、貸金業者は利息制限法を上回る金利を取ることが禁止されました。これによりグレーゾーン金利も廃止されたため、それまで出資法の29.2%の上限で払っていた高い金利を返還請求できるようになったのです。これが、世間でいわれている「過払い金」の仕組みです。

 

過払い金の対象者

 

・過払い金が戻ってくるのはどんな人なのでしょうか?それは「2010年までに消費者金融会社や、クレジットローン会社からお金を借りたことのある人すべて」が対象になります。

 

取引の期間が長ければ長いほど金利も長期間払っている計算になるので、完済してしまった人や返済中の人でも6年以上も取引が続いていれば、高額な過払い金を支払っている可能性が高いといえます。

 

・複数の貸金業者からの多重債務を抱えて利息が膨らんでいると、借金のための借金をして自転車操業になることがあります。しかし、そのような人が正しい利息で計算し直してみると、数年前に借金を返し終えていたことが判明するというケースもあります。

 

・過払い金の返金対象者は全国で10人に1人、実に1200万人もいるといわれています。金額にすると10兆円ものお金が、貸金業者に取られたままになっているのです。心当たりのあるかたは、すぐにお金を借りていたときのことを調べてみたほうがよいでしょう。

 

過払い金を取り戻す方法

 

過払い金を取り戻す方法

・過払い金は、返還請求することによって取り戻すことができます。過払い金請求は、3つのステップで手続きできます。

 

1.現在取引のある(もしくは過去に取引のあった)貸金業者やカード会社、すべてに取引履歴を請求します。

 

そこで、利息制限法による正しい金利を計算し直してもらい、過払い金がいくらあるのか調べます。

 

2.過払い金がある会社に、過払い金の返還請求をして交渉します。

 

3.過払い金が戻ってきます。

 

・これだけ見ると簡単なため、CMのように専門家に頼まなくても自分でできそうに思えます。過払い金請求は自分ですべてやることもできるのですが、大変なのは業者との交渉です。業者は個人が交渉した場合、あの手この手で過払い金を安く見積もったり、まともに相手にしなかったりする場合があるためです。

 

過払い金請求のデメリット

 

・お金が返ってくるならこんなにいい話はないと思いますが、過払い金請求にはデメリットもあります。それは、「過払い金請求をした貸金業者からは、2度とお金を借りられなくなること」です。しかし、他の消費者金融会社やクレジットカード会社からは問題なくお金を借りられる可能性があります。

 

・過払い金請求をするとブラックリストに載るのでは?と心配するかたがいますが、借金の猶予を願い出なければ信用情報に載ることはありません。ブラックリストは既に完済している人や、過払い金請求で借金がゼロになった人は載りません。

 

また、複数の借金を返済中でも過払い金がある業者にだけ請求すれば、任意整理扱いにはならないので信用情報には載りません。

 

過払い金には時効がある!

 

過払い金には請求のタイムリミットがあります。取引の終了から10年が経過すると時効となり、過払い金を請求する権利が消滅してしまいます。また、取引のあった金融会社が倒産してしまった場合にも、過払い金が戻ってこない可能性があります。

 

・過払い金請求をしたいけれど、古い取引の記録や契約書を失くしてしまったというかたは、弁護士などの専門家に頼めば古い取引履歴を送ってもらうことができます。

 

・お金がなくて過払い金請求したくても専門家に依頼できないという人は、着手金などの初期費用0円で相談に乗ってくれる弁護士もいます。

 

「依頼料がない。古い取引なので書類がない。ちゃんと返してもらえるか自信がない」と悩んでいるかたは、ぜひ一度過払い金請求などに詳しい弁護士に相談してみることをおススメいたします。