自己破産の相談 借金踏み倒し

MENU

踏み倒しの方法

 

どうしても借金を返すことができない。でも自己破産などの債務整理をするのも嫌!そうなると、最終的には借金を踏み倒して逃げることになります。今回は、借金を踏み倒す方法についてご案内いたします。

 

借金を踏み倒すには

 

借金を踏み倒すには

・借金を踏み倒して逃げるには、主に二つの方法があります。一つは「自己破産」です。

 

・自己破産は、裁判所で手続きをしたうえで債権者やお金を借りた金融会社などに申し立てをし、借金を帳消しにしてもらえる合法的な方法です。

 

しかし、自己破産をすると20万円以上の価値があると見なされたものはすべて差し押さえられ、自宅があれば手放すことになってしまいます。さらに、自己破産後7年間は新たにローンを組むことができなくなり、クレジットカードも持つことができません。

 

・自己破産は借金をチャラにできる正当な方法ではありますが、ハードルが高いために躊躇する人も多い債務整理方法です。

 

・もうひとつが、借金の時効を狙う方法です。犯罪の時効と同じように、借金にも時効があります。時効が過ぎてしまうと借金が無効になり、返済する必要がなくなります。そのため、時効が成立するまで取立てを無視し続け、いっさい返さなければよいのです。債務者に時効が適用されることを「時効援用」といいます。これこそが、まさに借金の踏み倒しといえるでしょう。

 

・「そんな方法があるなら、返済せずに時効まで逃げ切ろうかな?」そう考えるかたもいるでしょう。しかし、世の中はそんなに甘くはありません。時効援用には、いくつかの厳しい条件があるのです。

 

時効援用の方法

 

時効が認められるには、次の3つの条件を満たす必要があります。

 

1.時効期間が経過している

時効期間が経過している

・刑事事件などと同じように、借金にも特定の期間に返済しなければ借金が帳消しになる制度があります。

 

借金の時効は、金融会社などの業者からの借金だと5年、身内や知人などの個人からの借金だと10年となっています。(信用金庫や住宅金融公庫などは営利目的の運営ではないと見なされるので、時効期間は10年)

 

・サラ金からお金を借りても、5年間逃げ切れば時効になるのかというと、そんなに甘いわけではありません。時効を中断させる方法があるのです。

 

「業者が裁判を起こした場合」「口頭や郵便で催促をされた場合」「差し押さえを受けた場合」は、時効が中断されたり、時効までの期間がリセットされて振り出しに戻ってしまうのです。

 

・債権者や金融会社から返済を求める裁判を起こされると、時効期間はストップします。たとえそれまでの間に4年間と364日が経過していても、裁判を起こされた時点でリセットされて一からやり直しです。

 

・それでは、住所を変えて裁判所からの通知が届かないようにしたり、裁判に出廷しなかったらいいのではないかと思うかもしれません。その場合、全面的に債務者が敗訴となり、5年だった時効期間も10年に延長されます。つまり、さらに10年間も借金から逃げ続けることになるのです。

 

・金融会社は電話で支払の催促をしますが、それでも返済しないと債務者の住所に催促状を送ります。この催促状が内容証明郵便で送られると、時効期間が一時的に(6ヶ月間)ストップします。6ヶ月の間に債権者は、裁判を起こしたり差し押さえの手続きをします。

 

財産の差し押さえでも、時効をストップさせられます。通常は裁判所を経由しますが、借金の契約時に公正証書を作っていた場合は、裁判所を通さなくても差し押さえをすることができます。

 

2.債務の承認

2つ目の条件は、債務の承認です。これは「この借金は私のものですよ」と認めることです。具体的な行動として「1円でも債務を弁済してしまうこと」が、これにあたります。

 

・金融会社は債務者に踏み倒しをさせないよう、まずは債務の承認を狙います。何故なら裁判や差し押さえには、かなりの手間や人件費がかかってしまうためです。そのため「利息だけでもいいから払ってください」「1,000円でも構わないので返済してください」など、あの手この手で返済させようとします。

 

・債務者のほうはそのくらいならいいかと思って払ってしまいますが、1円でも返した時点で時効期間が振り出しに戻ってしまうという仕組みです。

 

3.時効援用の手続きをする

時効は時間が経てば自動的に認められるわけではありません。時効援用を認めさせる手続きが必要です。時効援用が承認されるためには、金融会社などに「時効なのでもう払いません」という通知を内容証明郵便で送る必要があります。

 

踏み倒すデメリット

 

踏み倒すデメリット

・この3つの条件を満たせば時効援用が認められて、借金は帳消しになります。しかし、時効援用で踏み倒すと様々なデメリットがあります。

 

・時効援用が適用されると、一生涯どこからも借金ができなくなります。

 

消費者金融や銀行はもちろん、クレジットカードを持つことも一生できません。車や住宅ローンを組むことも、いっさいできなくなります。何故なら、時効援用の経歴は信用情報に一生残り削除されることはないためです。

 

・車を買うにも現金一括で買わねばならないのはもちろん、ネット通販するにもカードがないので不便です。海外旅行でも現金払いしかできなくなります。

 

・こんな生活はとてもまともとはいえません。やはり借金は踏み倒すのではなく、素直に弁護士に相談し、合法的なやり方で債務整理をするように検討しましょう。