携帯電話の契約や機種変更について

MENU

自己破産すると携帯電話の契約や機種変は問題なくできるのか

<自己破産すると携帯電話は使えるの?何か影響は?>

 

自己破産の申立手続きを開始すると、申立をした人の財産で所持する事を認められている物以外については財産を処分しなければなりません。自己破産すると色々なデメリットや面倒な事も起こりますが、自己破産した時に今使っている携帯電話は何も影響なく使い続ける事ができるのでしょうか?今後ブラックリスト期間中にどのような扱いとなるのかが気になる人も多い事でしょう。

 

携帯電話は基本的に20万円以下の値段のものがほとんどですし、生活に必要な物であるため財産の処分の対象にはなりませんが、携帯電話を所持する上で自己破産と全く無関係ではいられません。

 

自己破産をすると今の携帯の契約はどうなるのか?そして機種変更や新規契約時になにか問題は発生するのか?今回は自己破産後に携帯電話関連に与える影響について解説していきます。

 

<携帯電話にも信用情報機関が存在します>

 

携帯電話の料金を延滞することはあっても、ずっと支払えない状態が続いて強制解約になってしまう人はあまりいません。ですが携帯電話が強制解約されてしまった人が、別の会社の携帯電話を契約しようとしたらブラックリストになってて出来なかったという話を聞いたことがある人は多いかもしれません。

 

実はこれには携帯電話会社が情報を参照している信用情報機関の存在が影響しています。携帯会社ではCICという信用情報機関と、不払い情報交換システムという通話料金の滞納に関する情報を共有できるシステムの二種類の信用情報機関を参照しています。

 

過去に通話料金を支払わずに強制解約になってしまった人は不払い情報交換システムに登録されていますので、ソフトバンクで解約されてしまった人がドコモで契約しようとしても断られてしまう可能性があります。

 

また、自己破産をするとクレジットカードなどの借金関連の情報も司っているCICという信用情報機関や、その他の信用情報機関に事故情報が登録されてしまうため、5〜10年程度はブラックリスト期間となります。自己破産後にブラックリスト状態となると、携帯電話の分割払いが選択できなくなるという影響が考えられます。

 

<今使っている携帯電話は自己破産するとどうなるのか>
<機種変更時の分割払いが残っている時>

 

自己破産申立の際には連帯保証人付きの借金など、自分にとって自己破産の対象に組み込みたくない債務に関しても強制的に自己破産の対象となってしまいます。自己破産時にはこの借金とこの借金だけ残してあとは自己破産!という事は出来ないのです。全ての債務が対象となります。

 

ですから携帯電話の分割払いがまだ終わっていない状態で自己破産手続に入ってしまった場合、通信事業者にその通知が届いた頃に携帯電話の使用が出来なくなってしまいます。そしてこの事実がCICという信用情報機関にも登録されるため、ブラックリスト状態のスタートを切ることになっていきます。

 

携帯電話の分割残債はもともと機種の値段が数万円である事も多いので、自己破産申立手続きに入る段階ではのこりわずかという事も考えられます。その際に携帯電話の分割残債まで届けるかどうかは弁護士の考え方次第という事になります。

 

携帯電話が無いと現代社会を生きる上ではかなり不便ですから、自己破産の際には携帯電話の分割払いの状況についても確認しておきましょう。

 

<機種変更時の分割払いを払い終わった後>

 

前回の機種変更後に分割払いの分を全て支払い終わっている場合には携帯電話をそのまま使用し続ける事が出来ます。ただし、自己破産申立の際に携帯使用料を支払っておらず、延滞をしてしまっていると、延滞した通話料金は債務として自己破産の債務の一部に組み込まれてしまいます。

 

もしそうなれば料金未払いの状態がそのまま続きますので携帯は使えなくなってしまいますし、不払い情報交換システムにも事故情報が記録されるので他の通信事業者でも新規契約が難しくなってしまいます。

 

機種変更時の分割払いが残っていても、携帯の利用料金を延滞していても、どちらにせよ良くない結果が待ち受けているという事になるでしょう。

 

<自己破産後は携帯電話を持つ事は出来る?新規契約や機種変は?>
<不払い情報交換システムに事故情報が載っている>

 

自己破産申立時に毎月の携帯利用料金を滞納してしまってた場合は不払い情報交換システムに事故情報が記載されてしまいます。裁判所に債務として申告した場合には自己破産の免責決定が出されるまでは料金の支払いをする事はできませんが、もしも事故記録を抹消したいのであれば免責決定後に滞納した料金を支払う事で解決できます。

 

事故記録が末梢された後であれば他の通信事業者に新規契約を申し込み、再び利用することが可能となります。

 

<CICの個人信用情報に事故情報が載っている>

 

自己破産をすると個人信用情報に事故記録が記載されてしまいますので、5年〜10年はそれがデータとして残されてしまいます。これを末梢したくても時を待つ以外に方法はありません。CICは信販会社やクレジットカードの契約の際などにも参照されていますし、それらの会社で支払いについて何か問題があればその事故記録はCICに記録される事となります。

 

そして携帯電話の通信事業者が参照するのもCICですが、CICなどの信用情報機関には銀行系や消費者金融系など複数の信用情報機関が存在しています。たとえ自己破産時の借金がCICに事故記録が載るものでなかったとしても、各信用情報機関はそれぞれ情報共有されているので事故情報が登録されている事は簡単にバレてしまいます。

 

そして、自己破産後にブラックリスト状態となると携帯電話本体の代金を分割払いで支払う事が出来なくなります。数年経ってデータが末梢された後ならば分割払いでの購入が出来ますが、それまでは一括払いで携帯電話本体を購入するか、ネット通販で機種を自分で手に入れてからSIMを入れ替えたり通販ショップに持ち込むしかないのです。どちらにせよ一括払いでの購入が基本となります。電話料金0円の頃を考えると、現在ではガラケーですら新品は高額なので、携帯がある日突然壊れた時のためにお金を用意しておかないとしばらく不便な生活を強いられてしまいます。

 

ところが不思議なもので、自己破産者の多くが自己破産後に携帯の機種変更をした際に、普通に分割払いで購入出来たという事態に出くわしています。これは一体何故なのでしょうか?自己破産によるブラックリスト中であっても、他の借金に比べると携帯電話会社の審査は緩いとも言われています。

 

たとえ自己破産をしたとしても、その後の携帯電話の利用料金の支払いが延滞を起こさずにしっかりしていれば、分割払いでも購入できる事があるようです。しかし自己破産後も料金を延滞していたり、自己破産申立手続きの際の債務に分割払いの残債を組み込んでしまっていた人の場合は一括払いでの購入が難しくなってしまいます。

 

ですから弁護士に自己破産の手続きを依頼する際には、あらかじめ携帯電話を今後も使い続けられるように取り計らってくれる弁護士を探し、親身に相談に乗ってくれる人に依頼をするようにするのがベストです。実際お金にがめつい弁護士で依頼者の事を考えてくれないような所に依頼をすると、後々何かしらのトラブルに発展してしまうという話もよく聞きます。

 

自己破産をする場合には携帯電話絡みだけでなく様々なデメリットが浮上しますので、出来れば長期的に計画を立ててから実行するのが望ましいと言えるでしょう。