自己破産後の借金

MENU

自己破産後は借金できる?自己破産後の借り入れについて

<自己破産後はお金を借りれる?借金は難しいの?>

 

自己破産後はお金を借りれるのでしょうか?また、借金は難しいのでしょうか?自己破産の手続きを進めていくと成功すれば裁判所から免責決定を出してもらえ、それが確定すれば抱えていた全ての借金を返済しなくて良くなります。その結果自己破産後は普通の人と同じように、お金に悩まされずに生活していくことが出来る人も多く見られます。

 

今まで借金返済で地獄を見てきた上に、最終的に非常に面倒な自己破産の手続きを経てきた人というのは、大抵借金に懲りていて二度と借金をしないようにしようと思う人が多いのですが、中には自己破産後にお金を借りたいと思う人も存在します。

 

また、車や住宅などを購入する予定がある人の場合、自己破産後にこれを一括で支払うのは非常に難しく、大きな額の買い物なのでローンを組みたいと思うのが普通です。

 

自己破産をしてしまったのは大半が自業自得とはいえ、いつまでも自己破産の影響でローンも組めずクレジットカードも作れないのでは困ってしまう人もいるのではないでしょうか?今回は自己破産後の借り入れに関しての情報をまとめてみました。

 

<自己破産後って借り入れはできるの?>
<自己破産後は個人信用情報に傷が付く影響で基本的には無理>

 

銀行や貸金業者はJICCやCICなどの信用情報機関に加盟していますので、利用者の信用調査の際にはこの信用情報機関に登録されているデータを参照して審査の可否を決定したり、既に審査を通過している利用者の途中与信などに利用しています。

 

自己破産の申立をすると、自己破産の債務の対象となった金融機関は加盟している信用情報機関に事故情報を記録します。これによって事故記録を出した人の個人信用情報には事故記録を作ったという事で専用のコードが割り振られます。これをブラックリストに載せられたと表現することもあります。

 

ブラックリストに載っていると言っている人がいますが、正確にはブラックリストというものは存在していないという事になります。ただし、自己破産後に自己破産した過去がある消費者金融や銀行、その関連会社や提携会社では、独自に過去のデータが残っているとも噂されています。これによって過去に自己破産したことがある所に申し込みをしたけれど、審査に一向に通らないという事が起こっているようです。

 

信用情報機関は一つだけではなく、複数存在しています。これならば例えばCICに加盟している所の借金だけを自己破産した場合、他の信用情報機関に加盟している金融機関には自己破産していることがバレなさそうなものですが、最近では他の信用情報機関と情報共有がされているため、結局自己破産した事は信用調査の際にバレてしまいます。また、自己破産や民事再生は官報にも掲載されますので、その情報を入手している金融機関では自己破産した過去を把握することが可能です。

 

自己破産をして個人信用情報に事故記録が載り、ブラックリスト状態になってしまえば自己破産後に借り入れやローンを組みたくても審査でことごとく弾かれてしまいます。特に大手金融機関などは機械的に審査を行うため、個人信用情報に傷が付いている時点で借り入れは絶望的です。

 

<自己破産後はいつから借り入れできる?>

 

自己破産後はいつから借り入れできるのでしょうか?自己破産をして借金を踏み倒したからといって、その後一生借金が出来なくなるわけではありません。自己破産の手続きを開始すると、債権者が加盟している信用情報機関に事故情報が記録されますが、このデータは7年ほどを目安に末梢されていきます。また、官報公告情報PRISは10年で自己破産した情報が末梢されます。

 

新たに借り入れの申し込みをしても個人信用情報に事故情報が載せられているうちはまともな金融機関からの審査に通ることはできません。しかし7年以上経って個人信用情報がきれいな状態になったら、自己破産時に踏み倒した所以外の金融機関に申し込めば審査に通る可能性が高くなってきます。

 

債務整理後はだいたい5年〜10年で再び借り入れやローンを組む事が出来るようになり、クレジットカードの審査にも通るようになっていくのです。しかし過去に自己破産をした時に対象とした債権者に関しては、永久貸出禁止先としてデータが残されている可能性が高いため、ブラックリスト期間終了後に申し込みをしたとしても審査に通ることはほぼありません。

 

また、銀行の中には大手消費者金融と提携している所もありますが、審査を提携している消費者金融にまかせている所があります。銀行に融資を申し込む際にもしも審査をするのが自己破産した時に対象としていた金融会社だった場合には、過去に借金を踏み倒していなかった所であるにも関わらず審査に通過できないといった事も起こります。

 

ですから新たに借り入れを行う場合には、自己破産時の債権者と全く関係の無い所に申し込みをした方が良いでしょう。自己破産前に使っていたカードが使い勝手が良かったからと再び申し込みしても、審査で落とされてしまって他の所の申し込みの際に足を引っ張るだけですので新しい所を探すべきです。

 

自己破産後のブラックリスト期間が明けないうちから、何とか借りれる所を探し回る人もいますが、自己破産者にも貸付を行っている消費者金融というのはあまり良い所がありません。金利は高いですし、何かあった際の取り立ても非常に厳しい所がほとんどです。しかも裏で闇金とつながっているあまりタチが良くない会社もありますので、気を付けなければ自己破産前よりもっと悲惨な状態になってしまいかねません。

 

特に自己破産後7年以内は免責不許可事由に該当しますので、再び借金地獄に陥って自己破産したくても出来なくなってしまうケースもあります。自己破産も回数を重ねていけばいくほど免責決定を出してもらいづらくなってしまいますので注意しましょう。

 

自己破産の度に弁護士に依頼して手続きをしてもらい、面倒な書類を集めたり裁判所に出向いたりするのは大変なことです。安易に借金をする癖を改善したり、借金しなくても生活していけるようにしていかないと、いずれどこかで非常に困窮することになってしまいます。せっかく自己破産で借金をゼロにできたのですから、借金無しで生活できるように整えていく方が充実した人生を送ることが出来ると思われます。

 

<自己破産後に心の隙を突く!闇金に注意しましょう>
<闇金からの融資のアプローチはスルーがベスト!>

 

自己破産後は闇金からチラシが来たり、融資の営業電話が来たりと様々なアプローチがある場合があります。こういった闇金業者は官報に載せられた破産者リストを見て営業をかけてくるわけですが、自己破産後はブラックリスト状態となってまともな金融業者からお金を借りる事ができませんので、自己破産直後の貯金も無いような時期に急な出費などが必要になるとちょうどアプローチしてきた闇金に手を出してしまう人がいます。

 

ですがせっかく自己破産出来てこれから生活を立て直していけるハズだったのに、闇金業者に手を出してしまうと悲惨な結果が待ち受けています。闇金業者は届出をしないで無許可で貸金業を営んでいますし、そのほとんどがあり得ないほどの高金利です。10日で1割〜5割などの利息を支払わなければなりませんし、完済しようとしても完済させてもらえないので、対策をしなければいつまでたっても闇金にお金を吸い上げられる事になってしまいます。これでは生活の再建を正常にしていくことはできません。

 

もしも自己破産後に闇金に手を出してしまったら、被害額が少ないうちに闇金専門の弁護士に相談をするか、警察との連携がうまくとれる法律事務所に依頼をするようにしましょう。