自己破産後のクレジットカード使用

MENU

自己破産後もクレジットカードで支払いしたい!使える方法は無い?

自己破産の手続きをするとブラックリスト状態となりますので、自己破産後にクレジットカードを新しく契約したり、現在手持ちのクレジットカードをそのまま使用していくことは出来なくなってしまいます。

 

自己破産の際に踏み倒した債権者が加盟している信用情報機関には、自己破産をした人のデータが記録されるように出来ています。これを避けたり、事故情報が載せられた後に削除してもらう事は基本的には出来ません。

 

自己破産後は抱えていた債務から全て解放され、毎月悩まされていた返済も行わなくて良くなるので生活が非常に楽になっていきます。弁護士費用を分割で支払っていく事になった人はしばらく弁護士費用の分割払いで頭が痛いかもしれませんが、今まで返済してきた金額に比べれば無理なく支払っていける人も多いでしょう。

 

このように、成功すれば生活していく上でのお金に余裕が出来て元の生活を摂り戻しやすくすることが出来る自己破産ですが、上記で書いたようにブラックリスト状態になるとクレジットカードが持てない・借金出来ないといったデメリットが生じます。

 

自己破産経験者の多くは借金をするのに懲りています。ですがそれとクレジットカードはまた別物であるとも言えるでしょう。日常的に通販をよく利用する人などは、銀行振り込みや代引きなどで無駄に手数料を支払う購入方法よりも、カードでの購入を選んだ方が長い目で見て節約になることもあります。また、ポイントを貯めたりクレジットカード払いでしか提供していないサービスを利用する際にもクレジットカードは必要です。

 

普段リアル店舗で買い物をする際にも、ポイントが貯まるカードで買い物をした方がお得です。自己破産後は個人信用情報に記録されている事故情報が末梢されるまでの5〜10年程度は新たにクレジットカードを作りたくても審査に通りません。ですが海外旅行や様々な支払いなど、クレジットカードが無いと不便に思う事は多々あります。そこで今回は、自己破産後にクレジットカードを持つ事はできないのかどうかを調べてみました。

 

<デビットカードは銀行の残高分だけカード決済可能なカード>
<限りなくクレジットカードに近いデビットカード>

 

デビットカードにはVISAやJCBなどがありますが、そのいずれもクレジットカードに近い使い方をする事が出来る便利なカードです。

 

普通のクレジットカードで買い物をすると、店の決済端末にカードを通す事でオンライン上でカード会社が利用金額分の枠を確保し、利用限度枠がその分マイナスされます。そして店側が後日カード会社に請求を行うと、カード会社が店に決済をします。利用金額についてはカード契約者の銀行から口座引き落としで請求されます。

 

これに対してデビットカードの場合、店で買い物をして決済をすると、その都度即座に銀行から引き落としされます。要は現金で購入しているのとそう変わらないという事になります。デビットカードは口座に入っている金額分までしか利用することが出来ない性質を持っているカードですから、買い物した金額よりも少ない金額しか銀行口座に入っていなければ決済することは出来ません。

 

クレジット決済は現在お金が無くても後日請求されるのでいわば借金と言えますが、JCBやVISAなどのデビットカードはリアルタイムの引き落としの上に自分が現在使えるお金の分しか利用できないので、審査なども行われていませんし自己破産後でも発行してもらう事が出来ます。

 

<デビットカードも結構便利です>

 

VISAやJCBなどのデビットカードを発行してもらえる銀行は楽天やりそななど、結構たくさんありますので自分が口座を持っている銀行にも存在しているかもしれません。デビットカードは自分が利用する時点で銀行口座に残高が無ければ利用できず、クレジットカードのように支払いを翌月などに後回しにする事も出来ないため、一見すると無意味に思える人もいるかもしれません。

 

現金と同じような支払いならば現金でいいじゃんと思う人がいるわけです。しかし、楽天銀行のデビットカードのように、クレジットカードではないけれどデビットカードを使用して買い物をすると購入金額に応じてポイントが貯まるデビットカードが存在します。

 

普段現金で食品や日用品を購入している人は結構多いですが、家庭を預かっている主婦や一人暮らしの人はそれなりにリアル店舗でもまとまった買い物をします。楽天銀行のデビットカードの場合は100円で1ポイント貯まり、1ポイント1円で楽天市場で買い物出来ます。一年間デビットカードを使用しているだけでかなりポイントが貯まってお得な買い物が出来る事もあるのです。

 

また、デビットカードで買い物をする事で銀行ATMに行く回数も減ります。手数料節約のために手数料がかからない時間にATMに行ければ良いのですが、時には手数料を支払う事になってしまう人も多いのではないでしょうか?普段の買い物をデビットカードで支払えば、手持ちの現金があまり減らないのでATMに行く回数を減らす事が可能です。

 

このように、デビットカードはクレジットカードよりも多少不便な部分がありますが、うまく使えばそれなりに便利なのが特徴のうちの一つとなります。

 

<自己破産後でも海外のクレジットカードは審査に通るらしい>

 

ネット上には自己破産をしても、海外のクレジットカードならば審査に通るといった情報があります。また、その方法に関しても詳しい解説が画像付で紹介されているサイトもありますので、やろうと思えば出来ない事はありません。

 

日本で自己破産をすると信用情報機関に事故情報がデータとして残されてしまいますが、複数ある情報センターのどこか一つに登録されれば他の信用情報機関に加盟している所が信用調査をしても自己破産をしたことが分かるように出来ています。

 

そのため自己破産後は新たにキャッシングやカードやローンの契約を結ぼうとしても思うようにいかないのが普通です。しかし事故情報の情報共有は日本国内のみであって世界中で共有されているわけではありません。

 

そのため日本でブラックリスト状態となり、クレジットカードを作ることが出来ない人は海外のクレジットカードを作れば良いといった情報が出回っているのです。確かにクレジットカードを持つ事が出来れば非常に便利なのですが、海外のクレジットカードはちょっと考えただけでも問題が山積みです。

 

まず、海外のクレジットカードを発行するためには海外に銀行口座が無ければなりません。通常ですと銀行口座はその国に居住している人しか口座開設することは出来ませんが、国によっては居住していない外国人でも口座を開設することが出来る銀行が存在しています。

 

この他にも三菱東京UFJ銀行など、海外口座紹介サービスを行っている銀行では日本に住んでいながらアメリカの銀行口座を開設することが可能です。ですが海外に銀行口座を持ったり、海外のクレジットカードを発行してもらう際には一つ問題があります。

 

それが言葉の壁です。

 

どこの国のクレジットカードを発行するにしても、クレジットカードの申し込み手続きをする際にはその国の言語で手続きをしなければなりません。また、カードを発行するのに成功したとしてもカードは海を越えてやってきますので、日本国内で作るのと違ってたまに郵送中の事故で紛失することがあります。

 

そして逆に自分が紛失してしまった時にすぐに対応できるかどうかという点でも不安が残ります。また、もしも支払いが出来なくなってしまった場合はどのような手続きを執ればいいのかよくわからないといった事態に遭遇することもあるかもしれません。

 

このような事を考えると、安易に海外のクレジットカードを作ると後々面倒な事もあるかもしれません。

 

自己破産後にどうしてもクレジットカードを持ちたかったら、やはりデビットカードでブラックリスト期間を乗り切るのが一番現実的です。特にただクレジットカードで支払いをしたいだけならばデビットカードで充分ですし、逆に支払いを後回しにしたいという考えであれば再び借金を作ってしまいかねません。お金の支払いを後回しにしない生活習慣を身に付けることも時には大事なのです。